« 12月22日の練習  (つぶて、花、土の歌) | トップページ | H26年1月17日(金)の練習 (つぶてソングを中心に) »

2014年2月 8日 (土)

H26年 1月9日(木)の練習(プレリハーサル)

今回の練習はプレリハーサルということで、
4人の先生方に全曲指導を受けました。

14:30~17:00、18:00~20:30と
二回に分けての練習です。

前半の合唱指導は吉田先生、ピアノは能村先生、
後半の合唱指導は金田先生、ピアノは小野先生です。

今回の注意点をお伝えします。

-------------------------------------
≪前半≫

土の歌

第一
楽章 農夫と土
 30小節~ 男声 「たねが」のリズムが合わない。
 36小節 pで軽く歌う。
 61~68小節 ppのまま歌う。
 77小節 急にpに落とす。
 88小節 pから始める。
 94~97小節 ブレスなし。
 98小節 遅くならないように。テンポで歌う。
       アルトの降りて行く音をよく他のパートは聞くこと。
102小節~ 「Oo」の読み方は「ウー」。高い音のパートは細く出す。  
 
第二楽章 祖国の土
・全体はほとんどフォルテで歌う。
14小節 低い音だが、しっかりと出すこと。
39小節~ 男声 ゆったりと荒々しくならないように。
56小節~ アルトmfと指示があるが、fで歌って良い。
       しっかりと聞こえるように歌う。伸ばす音もfで。


第三楽章 死の灰
 2小節~ ソプラノ もう少し小さめに入る。
19小節~ 男声 音を確認。
24小節  男声 伸ばす音をしっかりと。
29小節、40小節 「ちじょく」の「ち」の言葉をしっかりと。

第四楽章 もぐらもち
・スタッカートの切れが悪い。つながってしまっている。
22小節 「だと さ」の「さ」の出るタイミングが早い人がいる。揃えて。
24~25小節 1回目を大きく、2回目を小さく。
41小節 男声 音を確認。

第五楽章 天地の怒り
47小節~ 男声 休符なし。切れ目がないように。

第七楽章 大地讃頌
・軽く楽に歌わないで。
君の祖国を
[2] ・男声 主旋律。ハモらないで一つの音で。
   ・ソプラノ 「ルルルル」下がる音はしっかりと下がること。
[3] テナー 「たのむから」よく聞こえないので、大きめに歌う。
上を向いて歩こう
69小節 テナー 「よる」入りをきちんと入ること。
70小節 女声 大きすぎる。

≪後半≫

つぶてソング
 1.あなたはどこに
・伸ばしている音にも気配りを。
 2小節~ 「あなたはどこに いますか」の「いますか」の前にブレスをとり、
       はっきりと歌う。
13小節~ ソプラノ 「Uh」と書いているところは言い直す。
17小節~ 「いませんか」を大きいままで

 2.フルサト
 6小節~ ソプラノ 「はなれていく」の歌詞は「ゆく」ではない。
 8小節~ 「さようなら」のリズムに注意。のんびりしすぎないように。「ら」を明るくしない。
37小節 「かーった」と伸ばす。

 5.許せるか、あなたは
・文章を読むように歌う。
16小節~ 女声 ダイナミックスをつける。
35小節~ ソプラノ、テナー 「Oh」の下の音を押し付けない。

 11.街を返せ
・言葉が次々と変わるので、しっかりと覚えること。
32小節~ 男声 「おと」の歌詞ではfに向かって音を伸ばしていく。


 12.重なり合う手と手
31小節~「てとて」、「はとは」はしっかり歌う。息切れをしないように。
47小節 「よい」は伸ばす。


・休符はきちんときること。


-------------------------------------
以上です。
(福田)

« 12月22日の練習  (つぶて、花、土の歌) | トップページ | H26年1月17日(金)の練習 (つぶてソングを中心に) »

練習日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月22日の練習  (つぶて、花、土の歌) | トップページ | H26年1月17日(金)の練習 (つぶてソングを中心に) »